スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
腰のくびれとすっきりしたわき腹。 こんなことが影響
ダイエットに興味のないかたは、当方のメインブログ↓もぜひご覧ください。
ヘビーメタボなパロデブログ 乱暴ルギーにカウンターアタック
爆食、ダイエット、名古屋情報、いきもの、ギャグなど、おばかなブログです・・・


こんにちは

マッチョな逆三角形をめざし、いろいろしくみを考えてます、、

現在正三角形のルギーです・・・・

もっと正確に表現すると、えっと、、

正三角形逆三角形がくっついた ひし形 ・・




筋肉の約7割は下半身に集中してます。

なので足を中心に使う運動がカロリー消費には効率が良い、
というのはお聞きになったことありますでしょうか。

でもかっちょいい上半身も手に入れたいですよね。

今回は、もっと腹回りがくびれたいひとの友、大腰筋


腰のあたりだけは、近辺に骨がないためにくびれがあらわれ易いです。
TVのバラエティーでメチャキモ細いアジア人とか出ますね。

でもそのあたりは臓器や脂肪など、いろいろあることはあるんですが。
女性のほうが男性よりくびれてるのは女性は内臓がコンパクトだからです。
で、ぽっこりおなかが出てくると、くびれもだんだん目立たなくなります。


さて、ぽっこりおなかの原因は、太ったこと以外にも大きな原因が。

男性でよく、痩せてるのに腹ぽっこり、ってかた見えますよね。
実は、内臓が落ちてくる こともぽっこりおなかの原因です。
で、くびれの高さのあたりが満員になる、それによりくびれがなくなります。
これは 大腰筋が弱いと骨の位置(猫背になる)とかいろいろな要素で内臓が下がってくるから。
大胸筋が発達してると内臓とかがわりと高い位置でキープされてるんですが、
衰えると下にスペースができ、落ちてきちゃう、って感覚。

つまり大腰筋を鍛えればくびれもキープできるのではないかと。


大腰筋は、極端に言うと
背中と脚をつないでる筋肉。
これは体の奥のほうにある筋肉です。


これを鍛えるには、例えば
太ももの上げ下げ、なんかがよさそうです。
大腰筋は脚から背中にくっついてる感じなんで、
太ももの上げ下げでも背筋も伸びるわけです。

大腰筋を鍛え、背筋が伸びたら、
猫背も治ります。
猫背が治ることで、腰のくびれ位置に下がってきた内臓などが
また高い位置でキープされるようになると。
そうなるとくびれがあらわれます。

中身の入ったコンビニ袋を
地面に置くと横にぼよ~んて伸びます。
少し持ち上げると
細く高くなりますよね。 そんな感じ。


あと、猫背にはウエストに大きな影響があります。
わき腹の脂肪、これも太った以外に原因があります。

内臓は腹斜筋というものが保護をしてるんですが、
猫背だと助骨の衰えで腹斜筋も衰えます。

そうなると、かわりに内臓を保護してあげよう、と
なんと 脂肪が代わりにわき腹に立ちはだかります。
ただ、保護の仕事に不慣れな脂肪は
すぐに ふにゃ ってたるんで下に落ちる。
となると他の脂肪が保護にやってきて立ちはだかる。
で、またたるんで・・・
横腹がぼよよん、ってなっていくのは
腹斜筋の怠慢に業を煮やした正義感のある脂肪が
どんどんわき腹に立ちはだかるんだけど
どんどん倒れていき、わき腹に溜まる・・ というようなしくみ


こんなに運動してるのに
こんなにやせてるのに
なんでお腹が出てるの?
なんでくびれがないの?

ってかたは、
上記のように見落としがちな筋肉も気にかけてみてください。
ウエストは頑張れば早期に効果が出るところ。


筋肉は、自分の赤ちゃん、のような。
ほっておくと痩せちゃうし静かにしてて淋しい。
遊んであげると成長して、一人ではしゃいで(代謝を上げて)くれる。
赤ちゃんがみたいなら
前の脂肪を減らして表面に出てきてもらいましょう。


まだまだ読者様少ないです。
もっと万年ODB様のきっかけのために発信したいので、
たまに出るつまらないギャグにめげずに・・ポチのご協力お願いいたします。  

ありがとうございます。応援クリックお願いします。
    ↓
人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/12/08 23:00 ]

ダイエット 方法 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。