スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
除脂肪体重 の推移も重要
ダイエットに興味のないかたは、当方のメインブログ↓もぜひご覧ください。
ヘビーメタボなパロデブログ 乱暴ルギーにカウンターアタック
爆食、ダイエット、名古屋情報、いきもの、ギャグなど、おばかなブログです・・・


さて、今日のテーマ  除脂肪体重 。


そうそう、女子十二楽坊メンバーの平均体重 の略です。
だいたい 60キロくらい。 えっ そんな多くない?
あ、ごめん、、 楽器持ったまま測ってた・・・  ってオイ!


長いノリツッコミ終了 ・・・・


名前の通り、脂肪以外の体重。 計算は単純で
体重 - (体重×体脂肪率) です。

100キロの人が体脂肪率35パーセントとすると
100 - 35 = 65 キロ ってことです。

よく、体重減らすのでなく体脂肪率を減らしなさい、って聞きますね。
ただ、体脂肪もそうですが、除脂肪体重も大変重要です。


例えば体重が10キロ減って体脂肪率もまあまあ落ちて喜んでいるかた。
この10キロには水分や脂肪以外に、
一般で呼ぶ筋肉(骨格筋)や臓器(これも筋肉)が減っています。

仮に、10キロ減のうち半分が臓器含む筋肉だったら
基礎代謝がずいぶん減ってしまいます。
もちろんそれに比して総消費カロリーも減ります。

痩せたのにこれから、
今までより毎日もっと運動したり、もっと食事節制しないと太る・・・


こんな現象になりますね・・・・


例えば身長が10パーセント縮んだならいいんですが
痩せたからといって、
身長そのままなんで、臓器筋肉、骨も減ってしまいます。
素人ダイエッターで痩せた人の骨カスカスの人が多い、って聞きますね。
将来が心配です・・・

すでに他界しましたが当方の母は、体重も多く(うどん屋、定食屋でした)
すごい量の荷物を毎日階段で運び、すごく働いて、
あとになって骨の使いすぎがたたり、足(特に膝)が不自由になりました。

上記は骨密度の例とはちと違いますが
骨カスカスになって将来歩くのに不自由するダイエッターさん、多いと思います。
除脂肪体重を落とさずに体重落とす、ってのは難しい(無理)と思うんで、
気には留めておいてほしいと思います。


普通のダイエッターで筋肉落とさず体重だけ落とす、ってのは難しいです。
いとこのボディビルダーさんは、大会に備えて、
まずはどどっと太って今より脂肪や筋肉を多くつけといて、
そのあとは少々筋肉が落ちてもいいから締めていく、って感じです。

一時的に体重をずいぶん増やす、なんて回り道に感じて、
ダイエッターはできませんよね・・
でも筋肉減らしたくないならこれが正解。
どっちかだけ増やす、減らす、って基本、できないんですね。


とりあえず体重と身長だけで計算ができる、肥満度や体重は気にしないこと。
でもまあ体重が一番手っ取り早いですけどね。

なので、心の片隅ででも
体脂肪率や除脂肪体重も重要視していただきたいと思います。

仕方ないことなんですが、
体重を減らす=脂肪だけでなく、筋肉(骨格筋、臓器)骨も減らしてる
という意識も強く持っておいてください。

以上、

みなさんへコメントではダイエットの主張はしないことにしてるんで
おバカコメが多くなっていますが、、これが正常です・・
自分の記事でおばかに主張させていただきます。
で、長くなっちゃうんですよねー、毎度のことですがスミマセン、、。


体重減ったら筋肉も減る。
これをどこまで容認して続けるのか、、、
これはまだずいぶん勉強しないと
どうやればベストかが見えてこないです、難しい、、。

いろいろリサーチして、遠い将来に・・・また報告します。


当方はとりあえず85まではあんま意識しないかも。
超ODBのときは、まずはある程度減らす、てのが第一と思うんで。
勉強不足だし、少しスリムに近づいてからきちっと調整に入りたいと思います。
  


ありがとうございます。応援クリックお願いします。
    ↓
人気ブログランキングへ  
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2009/12/04 19:53 ]

ダイエット 方法 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。