スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
満腹中枢を刺激するには
今回の記事も長いので
おバカな前半はメインブログ、後半はこちらのブログで真面目に。

前半をまだご覧頂いてないかたは、 
 コチラ ←リンク を先にご覧ください。



さて、今回のキーワードです、

満腹中枢 ってのがありますね。
もう満腹だよー、って脳にサインを送るというか。

これ、当方にとってはとても重要なんです。
コツコツ持続することが超苦手の当方にとっては
少しでも楽したい、
少しでも運動したくない、
少しでも多く食べたい、、、、 ある意味サイテーですが・・・
そのために満腹中枢様に助けてもらうわけです。


その満腹中枢を刺激する方法、いかに少量で満腹感を味わうには

・胃壁を大きくする、胃にモノを入れる
胃にたくさんモノが入ることでも満腹中枢は刺激されます。
はじめにボリュームのあるローカロリーのものを食べて
胃壁を拡大させましょう。

・たんぱく質や脂質の摂取
これも満腹中枢を刺激するには有効です。

・咀嚼を多く
よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されます。

・ゆっくり食べる。 
満腹中枢が働くのに20分くらいはかかりますから。
当方も食事の途中で用事ができたとき、
そのあとやっぱ腹ふくれてきてるときが多いです。


以前の記事のDITとともに、優秀な助っ人であります。
長くなるので後日また、関連することを記事にしようと思います。


あちらのブログ見て、
はじめての読者様は、当方、メチャ食うなあ、と思われるかも。
ただ、当方いつもならジュースや飲み物だけで2リットルとか飲みます。
今回はお茶のみなんで、飲み物だけで800カロリーくらいは削減かと。

食事も以前と比べても、1皿以上は少ないと思います。
唐揚げだけでも10個以上食べたし、
今回はうどんもカレーもおしるこも食べてないし。
なのでいつもよりドリンクと食事で1500~2000カロリー少ないかと。
以前は一回で4500カロリー以上摂ってたですが・・

でもおかげさまで、満腹中枢対策か、お腹はふくれました。
いちばん効いたのは、先にちょっと食べたのと時間かけて食べたからでしょう。
今までは同じ値段なら食べなきゃ損、っていっぱい食べてました。
満腹中枢があとで働いて、食後苦しかったですね・・
今回は、ちょうど満腹 ・・・っていう感じで心地いいです。


当方は今、180センチ 93キロ。 これだけでかいと基礎代謝もでかいです。
なので1日2900カロリー弱摂ってもトントン。
まあそれだけ太ってるから高い、ってことですが・・・

なのでこの日のほかの食事や運動などで節制すれば、
この日と翌日だけでもこの食べ放題をほぼ帳消しにすることも可能。
体重は何日かは増えてるので気にしないほうがいいですね。


おまけ
ODBに良くある いけない感覚 。 あ、、当方のことですが・・
どうしてもコンスタントな結果をほしがります。
この日から何日で何キロやせた、って。
なので途中で飲み会や食べ放題が入るとやる気がなくなります。
なんかそれを戻す分、日にちをロスした感覚になるんですね
でも、持続することが難しいダイエッターには、
飲み会や爆食が気分転換、リフレッシュになるのは確か。
それがたまにあるから続くんだ、って思いたいなあと。
いずれにせよ不摂生したら、だらけずにまず取り戻しましょう。


とにかくダイエットのスタート、成功は 気持ち が大半と思ってます。

またいろいろいいたいこと書かせていただきます。



応援くださるかたは、ぽちっと押していただけるとうれPです。
   ↓
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2009/11/04 19:44 ]

ダイエット 方法 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。